Only Japanese available.

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
INFORMATION
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

パンヤとか読書とか!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エマ(6) ……ネタバレ少々(笑)
エマ (6)
エマ (6)
森 薫

「まさかこのような出来事が起こってしまうなんて」

。゚(゚´Д`゚)゚。  ……という展開でした。 まさしく最悪の事態。 さすがキャンベル子爵、キッツイ事をやってくれます。 まあ、あとがきを見る限りでは、これで長かった暗〜い展開はラストみたいですが。 

それから、3ページを費やしたエレノアの泣き顔が忘れられそうにありません。 グレイスにも言われてますが、ここまでのウィリアムの行動は最低ですよね。 言い訳も利かないくらいに。 ただ、最低ではあるけれど、本人の言葉通り、今後の行動で取り返す他はない訳で、その点、今回再び父親とぶつかった時に一歩も引かなかったのはとても男らしく思いました。

まさにブリティッシュロマンス(笑) まったりしていた序盤とは違い、怒涛の展開が続いていますが、そろそろ明るい展開とはいかないまでも、一筋の光明くらいは……との期待が募ります(^-^;
あー、でも次巻が出るのはまだまだ先なんですよね〜。 早く続きが読みたい!
| 漫画 | 19:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
たまには読書とか
漫画ですけど( ´ー`)y−~~
エマ (5)
エマ (5)
森 薫

最初に言っておきますが、この作品は巷に氾濫している所謂メイドモノとは一線を画しています。 「19世紀末、ヴィクトリア王朝時代の英国を舞台に繰り広げられる、身分違いの恋愛を描いたラブロマンス」なのですが、この「ヴィクトリア王朝」の部分だけで本物の匂いに気づく人もいると思います(笑) 実際、この作者の時代背景への拘りは、後に副読本を生み出すくらいに濃いもので、その副読本もまたヴィクトリア王朝時代の生活様式をテーマにした教材と言っても差し支えないような、密度を伴ったものでした。
だからこそ、という訳ではありませんけど、巷に氾濫しているメイドという単語に辟易している方にこそ読んでみて欲しい漫画ですね。
続きを読む >>
| 漫画 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |