Only Japanese available.

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
INFORMATION
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

パンヤとか読書とか!

<< PC復旧しました | main | 今月の電撃……だった筈がorz >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
MOMENT 感想
遅くなりましたが、既に下書きしてあった感想をアップ(^^;;;

MOMENT
MOMENT
本多 孝好(集英社文庫)

死にゆくあなたのために、僕ができること。 病院でバイトをする「僕」は末期患者の願いを叶えることを始める。
「初恋の人に会いたい」
「いっそ殺してくれ」
そこに込められた深い悲しみに、心は揺さぶられていく。深くて切ない青春小説。


本多孝好の魅力を語れと言われれば、例えるなら、透明感があって口当たりの良い甘口の日本酒でしょうか。 シンプルかつクールな語り口で雰囲気に酔わされる、やや女性的な方面の心地よさというか。 今作に於いてもその語り口は健在ですが、今作のそれは何故かその雰囲気そのものに誤魔されているような感覚がありました。

「人生の終わりに人は誰を(何を)想うのか」

テーマこそ重厚ですが、実際には深くテーマに対して切り込んでくるような鋭さはありません。 そして、その割には思わせぶりで暈した描写が多いため、この作者の主眼がどこにあるのか見え難くなっています。 独特の持ち味と重なっている事もあり、結果、雰囲気は良いんだけれども、なんだか妙に居心地が悪いという、中途半端な感覚で読み終える事になりました。 テーマの重さとプロットが巧く混ざってないというか……題材が違う割に従来の感覚で仕上げすぎているんじゃないかな、とそんな感じです(^^;;;

逆に言えば、文章に酔わされる感覚が好きな人には、ぜひ! とお薦めできます。 雰囲気を演出する手腕は一級品です。
| 小説 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:40 | - | - |








コメントをプレビューする


現在の設定ではご利用になれません(Java ScriptをONにして下さい)。

http://f-kogane.jugem.jp/trackback/106